平松守彦 ひらまつ・もりひこ/1924.3.12〜2016.8.21 

f:id:itkisyakai:20180129202627p:plain

大分市生まれ。

1941年東京帝国大学に入り、45年4月、繰上げ卒業で海軍主計学校に進んだが、終戦で再び東大に入り直した。49年東大法学部を卒業し、商工省に入り産業公害課長を経て69年電子政策課長、74年国土庁長官官房審議官。

電子政策課長のとき情報処理産業の育成振興が欠かせないことを訴え、「情報処理振興事業協会等に関する法律」の制定に尽力するとともに、IBM社によるコンピュータ特許クロスライセンス契約問題の解決や国産コンピュータ・メーカーのグループ化を推進した。75年大分県知事に転進した。「一村一品」運動は優れた地域振興策として全国に知られ、また地域のパソコン・ネットワーク「コアラ」はインターネットの先駆をなした。

平松守彦 - Wikipedia

アクセスカウンター