荒木東一郎 あらき・とういちろう/1895~1977

経営コンサルタント。大正期にパンチカードシステムの普及啓蒙に取り組んだ。

1917年(大正6)上野陽一とともに米国産業界を視察して製造業における生産能率向上の手法を学んだ。1923年「荒木能率事務所」を開設し、のち上野陽一が設立した産業能率研究所の所員として経営コンサルタントとして活動した。吉澤審三郎からパワーズ式パンチカードシステムの情報を得て企業経営者にその有用性を啓蒙した。上野のあとを継いで全日本能率連盟会長に就任した。のち勲二等瑞宝章を受けた。

一般社団法人日本経営士会 / 日本経営士会の歴史

アクセスカウンター